愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

カテゴリ:ショップ( 2 )

b0010007_1371796.jpg

2007年6月にリニューアルした新宿伊勢丹の地下食料品売り場
ジョゼップ・バラオナ・ビニェスさんがプロデュースした
モダン・タパスのお店「TASTETS (タステッツ)」が入っています。

要は、スペイン料理のお総菜なのですが、ピンチョス文化を反映して
どれもが気軽につまめる少量タイプ、一口サイズになっているとか。
どれどれ、どんなんでしょうねえ。
オープンして3カ月ぐらい経過してしまいましたが、行ってきました。

地下食料品売り場は、一歩足を踏み入れるなり、
おお〜、シックで高級、セレブな空間!
大勢の人で賑わっていなければ、ちょっと身構えてしまいそうなつくりです。

目指すは「タステッツ」。
脇目もふらず、フロアマップを見てただひたらすら進みました。

そして、目の前に現れたのは、一瞬スイーツかと見まごうばかりの
ショーケース。いや〜、きれい! かわいい!
とてもお総菜売り場には見えません。

が、そこにあるのは、れっきとしたスペイン(カタルーニャ)料理。
ピンチョスやコカやサラダなどがおしゃれに並んでいました。
透明なケースに入ったムースやディップ、ゼリー寄せ。
どれをチョイスしようか迷ってしまいます。

で、悩んだ結果、お持ち帰りに指名したのは次のとおり。
b0010007_1374135.jpg

     お花が付いているのは、シーフードのピンチョス。200円
     丸くくり抜いたパンで、シーフードのすり身のボールを
     はさんでいます。
     茶色いのはマッシュルームのソテー。220円
     たこ焼きぐらいのサイズです。
     大きめの紙コップのような容器に入れてくれました。

b0010007_1381063.jpg
b0010007_1383871.jpg

     ローストビーフとスウィートピクルス。320円
     四角い透明なケースに、ギュウギュウに詰まっていて
     底にソースが敷いてあります。
     器に盛ると、思いの外ボリュームがありました。

b0010007_139583.jpg

     黄色いのはマカダミアナッツのキッシュ。直径6cmほど。
     ごろごろとナッツが入っています。200円
     緑色は、キッシュカタルニア。180円
     ほうれん草とレーズンを炒めたものが入っています。
     松の実のアクセントがかわいい。

b0010007_139256.jpg

     ハモンセラーノのクリームコロッケ。404円
     直径2cmぐらいの一口サイズのコロッケです。

b0010007_1395066.jpg

     12cmほどのミニバゲットに具をはさんだ
     エスカリバーダとアボカドのミニサンドウィッチ。280円
     テリーヌとフルーツのミニサンドウィッチ。280円

しめて2,084円。
ひえ〜! いつのまに・・・(笑)
でもまあ、これにワインでもあれば、ウキウキさ〜♪

と、まわりを見れば、
どのお総菜屋さんのショーケースも美しいではないですか!
「タステッツ」だけじゃない。
どこもかしこもモダン・タパス化、フィンガーフードだらけです。
しかも、洗練されていて、とってもおいしそう。

ううう、こうして比べちゃうと、どうなんでしょう。
隣の芝生が青くみえます〜〜。
あんまり見ていると、後悔しそうなんでよそ見しないで帰ってきました。

で、味はどうだったかって?
ナッツ使いや焼き野菜など、カタルーニャ料理の特徴が生かされていて
それなりに美味しかったですが、ま、普通かな。(汗)

でも、サラダをゼリーでかためたり、野菜をディップにしたり、
調理法やサイズなどに、ちょっとした工夫がされていて参考になりましたね。
お弁当にも応用できそうです。

アウトドアや少人数でパーティーってときにはとっても便利。
強い味方になってくれるかも?

当記事のコメントは「A.diary ほっと一息おうちバル」ブログへお願いします。
[PR]
by kimamaspain | 2007-09-15 13:17 | ショップ

papabubble(パパブブレ)

「世界ウルルン滞在記」(2006.11.26)のステイ先として登場した
バルセロナの飴屋さん「papabubble(パパブブレ)」。
金太郎飴のバルセロナ版で、飴がアートしていてとってもおしゃれ。
日本には東京・中野の薬師あいロード商店街にお店があります。

っていうので、行ってきました〜。
じゃなくて、行ってきてもらいました(笑)。

「かわいいのいっぱい買ってきてね!」
と頼んで待っていたところ、電話がかかってきて、
「棚が空っぽだよ」。
えっ、お店の飴、ぜんぶ売り切れなの?
うわ〜ん!
オンエア後初めての日曜日の午後3時30分じゃあ、遅すぎたかー。

飴を作ってるところの写真撮影はOKということで
何枚か撮らせていただいて、それがおみやげになりました。

ううう、ありがとうございます。
飴はないけれど、papabubble(パパブブレ)。
お店の雰囲気だけでも、どうぞ〜。

b0010007_2222268.jpg

     ▲ 商店街の一角にある「パパブブレ」。
       バルセロナと同じくおしゃれな佇まいです。

b0010007_222365.jpg

     ▲ 人はひっきりなしに集まってくるけど、商品は売り切れ。
       ガラス越しに店内が見られます。

b0010007_22234395.jpg

     ▲ お店では飴を製作中。どんな飴になるのかな?

b0010007_22244565.jpg

     ▲ この瓶は飴に入れるフレーバーかな? 

b0010007_2225133.jpg

     ▲ お店のカード。次は、必ず飴をゲットだ〜!

【追記】ついに行ってきました! 飴ゲットの模様はこちら。
[PR]
by kimamaspain | 2006-12-03 22:36 | ショップ