愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

カテゴリ:ワインイベント( 5 )

2008年11月20日(木)はボージョレー・ヌーボー解禁日。
それに合わせて、ジョルジュ デュブッフのヌーヴォーとお料理を楽しもう
というイベント「ノベンバーフェスト2008」がリビエラ青山でありました。

ジョルジュ デュブッフ飲み放題もさることながら、料理クリエーターの
狐野扶実子さんと、鈴木康司シェフのお料理が味わえるとあっては、
スペイン料理がどうのこうのなんて言っていられません。
これは行かねば、食べなければ!
b0010007_14295857.jpg

サントリー主催の「ノベンバーフェスト2008」は、20日から22日にかけて
昼・夜5回あり、わたしが参加したのは11月20日の夜の部。
参加者は150人ほどいたでしょうか。
ジョルジュ デュブッフの赤3種、ロゼ、白の5種類のヌーボーとともに
ビュッフェスタイルでいただきました。

料理の説明を聞き損なったり、食べ損なったりで、正確に覚えては
いないのですが、印象に残ったお二人のお料理を3品ずつ
ピックアップしてご紹介しますね。(単なる見せびらかし?)
b0010007_143043100.jpg

今回面白かったのは、ボジョレーヌーヴォー2008にちなんで、
それをイメージしたお料理が1品ずつ含まれていたこと。
このラベル(エチケット)、よーく覚えておいてくださいね。
b0010007_14313314.jpg

では、料理クリエーターの狐野扶実子さんのお料理から。

狐野さんといえば、VIP相手の出張料理人として活躍した後、
「フォション」のエグゼクティブ・シェフをされてた方。
TBSの「情熱大陸」で見て以来、一本筋の通った生き方・考え方が
なんて素敵なのだろうと、実は密かにあこがれておりました。
当日、会場にいらっしゃいましたが、モデルさんか?と思うほど
背筋がピンと伸びていて、かっこよかったんですよ。
(人は自分に無い物を求めるのでしょうか・・・)

狐野さんのコンセプトは「ボジョレー・パリ・トーキョー」。
料理のインスピレーションを求めてパリに行き、東京でレシピを
完成させたというものです。パリの粋な空気もまとっているかな?

1品め
b0010007_14322335.jpg

ボジョレーヌーヴォー2008のラベルをイメージして

ラベルは赤と金の柄模様の中央に、白い卵のような楕円が描かれていますね。
そのイメージから、うずらの卵と大豆の卵ともいうべき枝豆を入れたそう。
それに発芽したスプラウトを添えて・・・。発想が豊かですね。

それぞれ素材の旨味が損なわれないように仕上げてあり、
口に含んで初めて、個々の味が合体して新しい味が生まれる感じです。
見た目もなんとなく、ラベルのイメージで、なるほど〜と
絵解きのような楽しさでした。まさにヌーボー。

2品め
b0010007_1433719.jpg

ソーセージのポシェとグラタン・ド・フィノア

ソーセージを香草とワインを入れたお湯でポシェ(ゆでる)したものは
ほんのりとワインと香草の香りがします。
普通のソーセージでも、こうすることでぐっと風味豊かになりますね。
ポテトグラタンも、ミルクが染みこんだシンプルな優しい味で、
「ロートレックの料理書」で紹介されていたレシピを思い出しました。
ん〜、どちらもなんとなく、パリのぬくもり(笑)

3品め
b0010007_14333956.jpg

デュブッフさんお気に入りの地元レストラン「ル・セップ」風鴨のテリーヌと
ロゼット風サラミ、黄パプリカのピクルスと野菜を添えて


これはジョルジュ デュブッフのワインに合わせるなら、
やはり地元の食材をということで、出てきたお料理。
サラミはくせがなく、ぎゅっと引き締まったまろやかな味わいで、
フレッシュなヌーボーによく合いました。

グラスに入った野菜は、そのままのものとピクルスになったものがあり、
ちょうどいい漬かり具合。どれもしゃきしゃき感があって新鮮です。
いいものは余計な手を加えず、カジュアルに味わうのがいいみたいです。

ほかに「シェーブル風味のグージェール」(食べ損なった!)もありました。

対する、鈴木康司シェフは(別に対決じゃないですが)
「リストランテ・ヒロ」の料理長を経て、現在「リビエラ青山」のグランシェフ。
調理場では厳しいのでしょうが、会場では始終にこやかに対応されていて、
謙虚で温厚なお人柄がうかがえました。

コンセプトは「旬の素材の協奏曲」。
日本全国の旬の新鮮な食材を使った華やかなイタリアンです。

1品め
b0010007_14342130.jpg

ボジョレーヌーヴォー2008のエチケット
 〜高知産フルーツトマトとモッツァレラチーズ〜


これはもう、見た目そのままラベルのイメージですね。
金箔がまぶしいほどに輝いて、ゴージャス!
お祝い事にふさわしい華やかさで目をひきます。
会場に運ばれてきたとき、思わず「おお!」と声が上がったほど。

モッツァレラの下には、フルーツトマトが敷かれています。
通常の5倍というトマトの甘さに、うっとりでした。

2品め
b0010007_14345656.jpg

魚介とフルーツのサラダ フランボワーズ風味

これがまた美しくも豪華なサラダで、フルーツと刺身が
こんなにマッチするのかと、驚いた1品です。
プリプリのえびまでフルーティ。
生のフランボワーズが散りばめられていましたが、
ドレッシングにも、フランボワーズビネガーが使われていて
全体をうまく調和させていたのでした。調味料は大事ですね。

3品め
b0010007_14353374.jpg

b0010007_14355436.jpg

北海道うにのスパゲティーニと
秋刀魚のシチリア風スパゲティー


うにを贅沢に使ったスパゲティーニは濃厚なクリームが
アルデンテの麺にからまり、白のヌーボーにぴったり。
秋刀魚は特有の臭みはなく、ワタが入っているのか
香草使いによるものなのかわかりませんが、微かなほろ苦さが、
セレクションプリュス2008とよく合いました。

ほかに、
5種類の煮込みで和えたタリアテッレ
フランス産ビゴール豚の低温ローストと焼き野菜
があったようです。(うう、食べ忘れ!)
b0010007_14363326.jpg

そうそう、忘れちゃいけません。デザートもありました。
狐野さんはボジョレーヌーボーをそのままソルベにし、
鈴木シェフはいちじくをヌーボーで煮てコンポートにしていました。

どちらも、ヌーヴォーをたっぷり使ったもので、まことにフルーティ。
ヌーヴォーは渋みがないので、デザートにはぴったりですね。
アイスクリームやマセドニアなどにも、気軽に使うといいようです。

狐野さんのお料理からは、繊細かつカジュアルに、
素材を生かして、ワインの美味しさを引き立てるポイントを、
鈴木シェフのお料理からは、ドレッシングなりソースで全体をまとめ、
それにワインを合わせることで、料理自体を際立たせる方法を
教えていただいたような気がしました。

いずれにしても、軽やかな飲み口のヌーボーだからこそ、
魚介や野菜などとも合いやすく、ビネガーや香草づかいで
いろんなマリアージュが考えられるってことですね。

というわけで、大いに飲んで食べて愉しんだ「ノベンバーフェスト」。
ああ、なんて有意義で素敵な一夜だったのでしょう。
ワインのある食卓って、ほんっと素晴らしい!(笑)

<参考リンク>
ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2008サイト
サントリートピックス ブログ

当記事のコメントは「A.diary ほっと一息おうちバル」ブログへお願いします。
[PR]
by kimamaspain | 2008-11-23 14:51 | ワインイベント
b0010007_16192864.jpg

ブロガーを対象にしたサントリー登美の丘ワイナリーの
「技師長が語るワイナリーツアー08夏編」プレビューイベントでは
最後に懇親会がありました。
ここでも、おいしいワイン&おつまみが出て至れり尽くせりの
イベントなのでした。ありがとうございました。

感謝の気持ちをこめて、ワイナリーツアーの動画を作ってみました。
ああ、あの日がよみがえる〜〜♪(笑)

<参加レポート>
前編:ぶどう畑見学(&ランチ)
後編:工場見学・テイスティング

「技師長が語る特別ワイナリーツアー2008夏」
(57秒 音は出ません)


<参考リンク>
登美の丘ワイナリーサイト
サントリートピックスブログ

当記事のコメントは「A.diary ほっと一息おうちバル」ブログへお願いします。
[PR]
by kimamaspain | 2008-06-11 16:36 | ワインイベント
前編:ぶどう畑見学(&ランチ)はこちら

これは「技師長が語る特別ワイナリーツアー 2008夏編」に先駆けて、
ブロガーを対象に開催されたプレビューイベント
通常のワイナリーツアーとはプログラムが若干異なります。


    工場見学

    さて、お腹がいっぱいになったところで、ワイン醸造所エリアに移動し
    醸造棟と貯蔵庫の見学です。
    この扉を入っていくと、ワイナリーの歴史コーナーがあります。
b0010007_15232973.jpg

    約100年におよぶワイナリーの歴史を紹介するパネルや
    昔の道具、ワインなどが展示されています。
    紹介ビデオも流れていました。
b0010007_15242346.jpg

    今は使われていないブランデーの醸造釜の横を通って、
    ワインの製造ラインに向かいます。

    ぶどうの収穫期なら、ここで作業が行われるのでしょうが
    今はしんとしています。破砕や圧搾などの様子がビデオで
    流れていました。これはぶどうをつぶす破砕機です。
b0010007_15251160.jpg

    圧搾機にかけて果汁を絞り、発酵させて、
    タンクや樽に入れて熟成させます。

    続いて貯蔵庫へ。石造りの蔵がステキですね。
b0010007_15271287.jpg

    ここでは、樽熟成されているワインの試飲がありました。
    樽から直接抜き取って、グラスに注いでくれます。
b0010007_15275525.jpg

b0010007_15282239.jpg

    その後は瓶熟成されている薄暗い貯蔵庫です。
    光を当てて澱の様子も見せてくれました。
b0010007_1529728.jpg

    そして、テイスティングセミナーの会場へ。
    テイスティングセミナー

    テーブルの上に6種類のワインが並んでいました。

    ・樽発酵 甲州2005
    ・登美の丘(白)2005
    ・登美(白)2005
    ・登美の丘(赤)2005
    ・登美(赤)2004
    ・特別瓶熟品 カベルネソーヴィニヨン 1987(非売品)
b0010007_15524780.jpg

    ここでも大川所長が、ワインそれぞれの特徴を解説。
    日頃のワインの疑問にも答えてくれます。
b0010007_15542856.jpg

    それぞれの解説の中で、たとえば「樽発酵 甲州2005」は
    天ぷらによく合うとか、メルローはうなぎと合わせやすいなどという
    お話が出てきました。どれも和食というか、日本人になじみのある
    お料理ばかりです。それもそのはず、登美の丘ワイナリーでは、
    日本の食卓(和食)に合うワインづくりを目指しているのだそうです。

    日本のワインなのだから、日本の料理に合わないとね。
    ということは、スペイン料理にはやはりスペインワインなのですよ。
    と、強引に結びつけるワタクシ。(^_^;)
b0010007_15551143.jpg

    こうして「特別ワイナリーツアー」は終了したわけですが
    このツアーを通して感じたことは、ワインが消費者の手に渡るまで
    本当に丁寧に作られているのだなということ。
    今まで、日本のワインは高いというイメージがあったけれど、
    確かに高いのだけど、高くなるのは当然ですね。
    それだけ手間がかかっています。

    一番いい状態になってから摘み取るぶどう、
    それを生かす醸造技術の研究、
    自家ぶどう園だからこそ、力の入れようが違います。
    ぶどう栽培やワインの製造・管理に注がれる深い愛情と
    最高の味を追求してやまない姿勢にも
    頭が下がる思いがしました。

    こういう「人の思い」に触れられたのが一番よかったかな。
b0010007_15572043.jpg

6月14日から、いよいよ一般の
技師長が語る特別ワイナリーツアー 2008夏編
が始まりますが、テイスティングセミナーや
無料のワイナリーガイドツアーだけでも楽しめると思います。
ぶどうの花の咲く時期のサントリー登美の丘ワイナリー、
お近くの方はお出かけになってみてはいかがでしょうか。

<参考リンク>
登美の丘ワイナリーサイト
サントリートピックスブログ

後編終了
おまけ(動画)

当記事のコメントは「A.diary ほっと一息おうちバル」ブログへお願いします。
[PR]
by kimamaspain | 2008-06-11 15:49 | ワインイベント
先週の土曜日、サントリー登美の丘ワイナリーの
「技師長が語るワイナリーツアー」プレビューイベントに行ってきました。

これは、6月14日(土)から始まる
技師長が語る特別ワイナリーツアー 2008夏編」に先駆けて、
ブロガーを対象に開催されたものです。
参加したのは、ワイン好きの20名。

わたしもワインは好きなのですが、飲むのはスペインものばかり。
しかも1,000円前後の安ワイン。偏りすぎです。

なので、今回は日本のワインを勉強するぞ〜と
(ホントはワインがいっぱい飲める〜、おいしいランチも食べられる〜
 ぶどう畑が見られる〜という下心ありありで)
参加させていただきました。

どんな内容だったのか、
・前編:ぶどう畑見学(&ランチ)
・後編:工場見学・テイスティング
・おまけ:ワイナリーツアー動画
に分けて写真を中心にお送りします。

まずは、前編:ぶどう畑見学(&ランチ)です。
今回、案内してくださるのは技師長ではなく、大川所長です。

    ぶどう畑見学

    登美の丘ワイナリーは、山梨の中でも雨の少ない地域で、
    斜面が南向きに広がっており、日当たりにも恵まれています。
    昼夜の気温差が大きいことも、よいぶどう作りの条件に
    合っているんですね。

    ワイナリー内の移動はバスだったので、
    車中からもぶどう畑が眺められました。
    棚仕立てあり、垣根仕立てあり、品種、樹齢もさまざまです。
b0010007_1327781.jpg

    登美の丘ワイナリーの総面積は約150ヘクタール。
    9つの小さな丘が寄り添うようにしてできた丘です。
    その最も標高の高い眺望台(600m)に上がって
    大川所長のお話がはじまりました。
b0010007_1327552.jpg

b0010007_13281468.jpg

    良いワインはよいぶどうから。
    気象、土壌、品質、人間(手入れ・研究)で決まる、
    ということを、一般論とワイナリーの特徴をからめながら
    具体的に解説してくれます。

    今はぶどうの花のシーズンということで、実際にその花も
    見せてくれました。花の香りもかいでみます。
b0010007_13285299.jpg

    次に、畑のそばに寄ってみます。
    こちらはカルベネ・ソーヴィニヨン。
    花はまだ咲いていませんでした。あともう少しですね。
b0010007_132924100.jpg

b0010007_13294416.jpg

    道を隔てて反対側の畑はメルロ。
    枝を横にまげ、1本の枝から出る芽を間引いていく垣根栽培です。
    大川所長はその方法を説明しながら、質問にも丁寧に答えてくれます。
    次から次へと言葉があふれ出る熱心な語り口から
    ぶどう作りの情熱がびんびん伝わってきました。
b0010007_13301483.jpg

b0010007_13302995.jpg

    この畑には、ぶどうの列に沿ってアーチ型の金網がかかっています。
    なんだろうと思っていたら、他の畑ではこんなふうに
    ビニールがかぶせてありました。
b0010007_13305665.jpg

    ぶどう用の屋根なんですね。
    気象や木の状態によって調節するのでしょう。
    スペインのぶどう畑では見たことのない光景です。
    この手のかけようには驚きました。

    ワイナリー内の道路沿いの小川では、自然と蛍が飛び交うように
    なったそうです。それだけいい環境を保っているということですね。
b0010007_13314465.jpg


    ランチ(実際の「特別ワイナリーツアー」には含まれません)

    一旦ワイナリーツアーを中断してランチです。
    ガーデンエリアのレストラン「ワインテラス」でいただきます。
    晴れた日には富士山も見える絶好のロケーション。
b0010007_13323973.jpg

b0010007_13325763.jpg

b0010007_13332221.jpg

    食事にはやはりワインがほしいですね。
    大川所長自らが栓をぬきサーブしてくれました。
b0010007_13335366.jpg

    ワインは「登美の詩」の赤と白。
    赤は、マスカット・ベーリーA&メルロー(ミディアム)
    白は、甲州&シャルドネ(辛口)

    赤はちょっと物足りなく感じたものの、まろやかで飲みやすいですね。
    ぐびぐびいきそうだったので、テイスティングセミナーに備えて
    セーブしました。白はすっきりした口当たりで気に入りました。
    こういう白なら大歓迎です。
b0010007_13344386.jpg

b0010007_1335129.jpg

    お料理は、スープ、サラダ、パン、デザートに
    ワイン豚のカツレツ、または、夏野菜の冷製パスタでした。
    美しい景色を眺めながら、おいしい料理とおいしいワイン。
    ん〜〜、しあわせ。
b0010007_13353647.jpg

b0010007_13355331.jpg

b0010007_1336134.jpg

    食事の最後に、大川所長の粋なはからい。
    なんとグラスにぶどうの花を入れて、持ってきてくれたのです。
    こうしてみると、なんて愛らしいのでしょう。
    小さな花がほのかな香りを漂わせ白ワインの中で揺れています。
    こんな光景が見られただけでも、参加してよかったと思いました。
b0010007_13373726.jpg

    前編終了。
    → 後編:工場見学・テイスティングに続く

当記事のコメントは「A.diary ほっと一息おうちバル」ブログへお願いします。
[PR]
by kimamaspain | 2008-06-11 14:01 | ワインイベント
3月5日、ワインでイラストを描いて、スペインワインが飲めておいしいタパスがつまめて、お土産つきで・・・というイベント「ワイン de イラスト」体験ワイン会が池袋「エスペルト」でありました。参加してきましたので、写真を中心にご紹介しますね。

このイベントを主催したのは「WINE21」というワイン情報サイトです。

 いざ、ワインバー「エスペルト(espelt)」へ

会場となったワインバー「エスペルト」は、東京・池袋にあります。ワイナリー和泉屋さんのサイトで名前だけは知っていたのですが、行くのは初めて。どんなところなんでしょうねえ。どきどきしながら、向かいました。

b0010007_22162110.jpg

池袋駅東口を出て西武百貨店を右手に見ながら、明治通りを進みます。5分ほど歩いたでしょうか、
いきなりニノットくんが出迎えてくれました。ニノットというのは、セラー・エスペルトのマスコットキャラクターです。

b0010007_22164596.jpg

このニノットくんを見て、ピンときた方は、すばらしい!そう、バルセロナオリンピックのキャラクター、コビーの作者であるハビエル・マリスカルが描いたものなんです。

店内に入ると、うわ〜、壁にもでっかいニノットくん!(笑)

b0010007_22171771.jpg

お店は奥行きがあって、4〜6人がけテーブル5つが一列に並び、黒と赤で統一された空間は、とってもおしゃれ。天井のライトが壁に反射してきらめく星空ようです。

以前はスタンディングバーだったようで、壁のちょうど腰のあたりに、手すり状のクッションがはめ込まれていました。適度な硬さと手触りがよく、かるく身体を預けるには最適です。同じく椅子も座り心地グー。

この壁は、荷物入れにもなっていて、ロッカーのように扉が開いてバッグなどがしまえ、とってもスマートです。そして壁には、楽しげなサインがいっぱい。

b0010007_22174625.jpg

まずは、エスペルトのカバ「エスクトゥリト・ブリュット」で乾杯です。このグラスにも、ニノットがいました。いやん、かわいい!と写真を撮ったのはいいけど、ああ、ぼけてるやん。(笑)

b0010007_2218126.jpg


 「ワインdeイラスト」講習会

参加者は十数名。筆や紙など必要な道具が配られた後、主催者からのご挨拶があって、いよいよ始まりです。

講師は、イラストレーターのいわいまりこさん。ワイン情報サイト「WINE21」のコラムでイラストを描かれている方です。

b0010007_22192862.jpg

目の前の平皿にワインが注がれて、ためしに、どんな色なのか順番に塗っていきます。ワインは全部で4種類(赤3、白1)。

赤ワインは、葡萄品種によって赤みがかっていたり、紫っぽかったり、多少違うので、ぬったときにその差が出ます。白ワインでも、かすかに色がつくようです。(このときはわからなかったのだけど・・・)

テンプラニーリョは紫がかり、メルローはそれより少しローズ寄り、ピノワールはあきらかにオレンジっぽいワイン色でした。

b0010007_22201844.jpg

最初は、下書きされたイラストに彩色するだけだったのですが、同じ絵であっても、ぬり方でずいぶん印象が違うんですね。さっとぬる人、重ねてぬる人、全面に色をつける人・・・。個性がでて、面白いです。

b0010007_2221521.jpg

ワイン一色だけでもいいのですが、違う色(たとえば緑)をペンで描き添えるだけで、ぐっと絵が際立つとか、ろうそくや指やスポンジを使うと、筆とは違った趣が出るとか、ちょっとしたコツを教わります。

講師のいわいさんが、ろうそくに火をつけ、そのしずくを葡萄の実に見立てて、さっと描き上げたときには、思わず「すご〜い!」と声をあげてしまいました。まるで、マジシャン(笑)

b0010007_22213411.jpg

しかし、コツはわかっても自分で描くとなると、難しいんですよ。それでも、素敵ないわいさんの作品を参考に、せっせと筆を動かし、気がついたら、1時間半も描いてました。みんな熱心なんです。

b0010007_222297.jpg

で、できあがった作品がこちらです。中央のぶどうが一番気にいっているかな。ぶどうの葉は、はんこを押しただけですけれどね。

ハガキサイズなので、そのまま額に入れて飾ってもいいし、絵はがきとしてだれかに送ってもいいし。ワインを飲んだとき、こういうのがささっと描けるとかっこいいですよね。家でもやってみましょう。

さ、おなかぺこぺこ。次は、ワインを飲みながらお食事ですよ〜。

 ワインと料理に舌鼓

b0010007_2223858.jpg

まず出てきたのは、生ハムとサラミ。このハムが薄いんです。まるで、カンナで削ったよう。フォークが透けて見えるほどでした。とってもおいしかったんですけどね。

b0010007_22233216.jpg

それからパンタパスが4種類出てきました。白いのがクリーム状のチーズ。赤いのが、カニの身の煮込みかな。鴨肉とプルーンをのせたもの、ピーマンと肉をあわせたものも。ちゃんと聞けばよかったんだけど、おしゃべりに夢中になっていちいち尋ねていられなかったんですよ。(言い訳)

b0010007_22235652.jpg

b0010007_22241427.jpg

で、これはめちゃめちゃおいしかったルッコラのサラダ。濃厚なバジルソースがかかっていて、ワインに合う合う。

b0010007_22243927.jpg

あとは、えびのオイル炒めやら、トマト味のペンネやら、鴨肉やら。

b0010007_2225466.jpg

b0010007_22253085.jpg

b0010007_2226713.jpg

b0010007_22263375.jpg

最後はデザートのアップルパイ。いや〜、食べて飲んでおしゃべりして、楽しかった〜♪

その上、帰りにはペアのワイングラスまでいただいて、いい気分で帰宅したのでありました。ありがとうございました。

b0010007_23162380.jpg

なお、今回メインで飲んだワインは、スペイン・バレンシアのアネコープ(ANECOOP)の「ICONO(イコノ)」。ここのワインは葡萄品種別になっているので品種ごとに味わいときにいいですね。

b0010007_22271672.jpg

写真は、左から、テンプラニーリョ、メルロー、シャルドネ。このほか、シラーもいただきました。

これらのワインはすべてワイナリー和泉屋さんで取り扱っています。ちなみに、ワイナリー和泉屋さんから購入したわたしのセラー・エスペルトのワインレポートはこちらです。

ワインバー「エスペルト」も、居心地のいいお店でしたので池袋に行ったら、立ち寄ってみてくださいね。かわいいニノットくんが出迎えてくれますよ〜。

【関連リンク】

スペイン料理レストラン&バル

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kimamaspain | 2008-03-10 22:52 | ワインイベント