愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

<   2004年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「旅」12月号(新潮社)。
特集は「スペイン 呑む、食べる、歩く」
これは読みたい!読まなくちゃ〜と買ってきましたが
あら〜〜?(笑)ちょっと期待はずれでした。

内容がどうこうというより、わたしが想像していたのと
ちょっと違っていた、というだけのことなんですけどね。(^^;)

読みながら、ああ食べたい!と思ったのは、ししとう。
恩田陸さんの記事の中にも、「食の巡礼の旅」として
紹介されてるレストランガイドの中にも出てきました。

ししとうを炒めただけのものなんですが、
こういうシンプルなのが、本来の野菜の味を引き出して
本当に美味しいんですよね〜。

で、さっそく作りました。
たっぷりめのオリーブオイルに、ニンニクを一かけ放り込み、
ししとうをさっと炒めて・・・
のはずが
油が飛ぶのでふたをして、よそ見してたら、
あ゛〜〜〜、ちょいと焦げた!(笑)
(焦がすの得意やねえ〜)

それでも、まあフライパンゆすって、塩・コショウ。
あつあつをつまみ食いして、ビールをぐびっ!
くは〜〜、うんまい(笑)

脇役的な使われ方が多いししとうですが、
今回は主演野菜賞、進呈です。
b0010007_22294143.jpg

[PR]
by kimamaspain | 2004-11-15 22:30 | 本・雑誌・新聞
b0010007_044425.jpg

NHKテレビの「スペイン語会話」。
現在、4月〜9月分を再構成して放送していますが、
その中で10月から新たに加わったのが、お料理のコーナー。
これだけのために、たまにチャンネルあわせます。
スペイン語は、まるでBGMのごとく耳を素通りするのですが
お料理の画面には、目が釘付けです。(^^;)

で、11月4日に放送されたのが、「オマールえびの雑炊風」。
アンダルシアのお料理です。

作り方は、ほとんどパエリヤと同じ。
水を多く入れるだけのこと。
なーんだ、簡単じゃん!

ってことで作ってみることにしました、純和風土鍋で。(笑)
だって、平べったいスペイン土鍋「カスエラ」は持って無いんだもん。
同じ土鍋だから、ま、いいかあ〜。
それとオマールエビも無いので、ふつうのエビで代用。

わたしが使った材料は、こんな感じ。
にんにく(2片)、ピーマン(1個)、トマト(半個)、
玉ねぎ(半個)、シロシメジ(1/4株)、有頭えび(5尾)、
あさり(1パック)、お米(1合)、水(3合)。
それに、オリーブオイル(大さじ2)、白ワイン(50cc)、
コンソメの素(小さじ1)、塩・コショウ(少々)です。
b0010007_024579.jpg

まずは、土鍋にオリーブオイルを入れ、
にんにく→野菜→えび&あさりの順に炒めます。
b0010007_032957.jpg

それから、ワインを入れ、お水、洗わないままのお米、コンソメの素。
あとは、時折かき混ぜながら、ことこと煮ること約20分。
塩・コショウで味をととのえて・・・
b0010007_035664.jpg

わ〜い、できあがり〜〜〜! 大成功!
というか、これじゃ失敗のしようがない? 
(サフランいらずで、パエリアより簡単かも)

お米に魚介の味がぎゅっと染みこんで、いいわ〜。
お好みで、イタリアのリゾットのように粉チーズふりかけてもグッドです。
お試しあれ〜。
[PR]
by kimamaspain | 2004-11-10 00:10 | 料理