愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

冷製パスタ ガスパチョ風

b0010007_15432749.jpgあぢ〜〜。毎日暑いですね。
暑中お見舞い申し上げます。

あんまり暑いので、またもガスパチョ
作ってしまいました。レシピは確定したし、
ミキサーは出しっぱなしなので
すぐできるのです。

今までミキサーは、戸棚のこやし状態で、必要なときしか
出してきて使わなかったのですが、ガスパチョが成功して以来、
調理台に場所を確保。常設調理器具に昇格させました。

目の前にあると、ガスパチョだけじゃなくて、ヴィシソワーズや
アボカドスープも作りたくなり、ついでに、ミルクシェイクや
スムージーなどのジュース類もと欲が出てきて、
今では毎日のように、ガ〜ガ〜言わせておりまする。
ああ、なんで今まで活用しなかったかなあ。
こういうのって、ちょっとしたきっかけなんですよね。

♪きっかけは〜〜〜、ガスパッチョ!?

で、今回のガスパチョは、水も氷も入れず濃厚に仕上げてみました。
まさに飲むサラダ。食べるスープ。
宇宙食にもなりそうなもったり感がいいですなあ。
(ちょっと旬な話題に寄り添ってみた)(^^;)

お酢は、味に深みが出るかもと期待してバルサミコに
してみましたが、さほどの違いは見いだせませんでした。
少々酸味が強くなったくらいか。米酢で十分ですね。
人それぞれですが、やっぱりお酢は、すっぱさきゅんきゅんの
ワインビネガーより、まろやか酸味の米酢です。
(あ、黒酢だとどうだろう。カラダにも良さげですが)

ごくごくと飲んでしまってもいいのですが、今回は
少しアレンジして、冷製パスタソースにもしてみました。
アンチョビとトマトを加えただけで、みごとに変身。
我ながら、あっぱれじゃ。うまいうまい!

と得意になったのも束の間、偶然にも
『ビストロSMAP』を見ていた方からメールが届き、
「木村くんがパスタにガスパチョを思い切りかけてた」と。
へえ〜、そうだったんだあ。木村くん、やるなあ(笑)

『ビストロSMAP』は、いつもなにかしら工夫をして、
独自の料理に仕上げてるのがいいんですよねえ。
(最近は、見てないんだけど・・・)(^^;)
というわけで、木村くんに先を越されてしまいましたが
わたしの「冷製パスタ ガスパチョ風」お披露目です。
b0010007_15432067.jpg




●「冷製パスタ ガスパチョ風」お料理メモ

<材料>(1人分)
・スパゲティ     80g
・ガスパチョ(※)  100cc
・トマト       1/2個
・アンチョビフィレ  オイルごと適宜
(アヲハタアンチョビフィレ45g入り 1/4缶)
・青じそ(あれば)  1枚

<作り方>
1)スパゲティがゆであがったら、すぐに冷水で冷やし、ざるにとる。
2)ガスパチョにトマトのざく切りと、適当にちぎったアンチョビフィレ
  刻んだ青じそを入れて、(1)とあえる。
  
------------------------------------------------------------  
(※)ガスパチョ(4人分)

<材料>
・トマト水煮缶    1缶(400g)
・きゅうり(角切り) 1本
・ピーマン(角切り) 1個
・にんにく      1/2片
・オリーブオイル   大さじ2
・米酢        大さじ2
・塩         ひとつまみ
・クミン・胡椒    少々
・パプリカ      小さじ1/2
・マヨネーズ     小さじ1

※パプリカ、クミン、こしょう、マヨネーズはお好みで。

<作り方>
1)材料をすべてミキサーに入れ、かき混ぜる。
2)冷蔵庫で冷やして、出来上がり。

------------------------------------------------------------
[PR]
by kimamaspain | 2005-08-05 15:46 | 料理