愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

「ビストロSMAP」のとにかく美味しいスペイン料理

「SMAP×SMAP」(8/29)の「ビストロSMAP」のゲストは
ミュージカル「ラ・マンチャの男」でおなじみの松本幸四郎さんでした。
初演から36年というロングランを続けているわけですから
さぞ、スペインには何度も足を運ばれてるんだろうと思ったら、
この夏初めて行かれたんですね。現地で食べたスペイン料理の印象は
「ヘルシーでからだにいい」だったそう。おお、わかってらっしゃる!
もちろん、オーダーはスペイン料理です。

「ご注文は?」と聞かれて、幸四郎さんは
「涼しくて美味しいスペイン料理」と言ったのに、中居くんは
「とにかく美味しいスペイン料理」と叫んでいました。
あれ? 「涼しくて美味しい」じゃないの?
と思う間もなく、テロップも「とにかく美味しい」と出ました。
ん〜〜、なんでや?
「涼しくて」のほかにも、幸四郎さんがあれこれ言うもんだから
その部分はカットされて、「とにかく美味しい」になったのでしょうか。
(「涼しくて」を「冷たくて」「暑さが吹き飛ぶ」などに言い換えたとか?)
それとも、中居くんの単なる言い間違いでしょうか。
むむむ、謎です。
って、こんなことを推理してる場合じゃないですね。お料理です。

■木村・香取ペアのメニューは
・ガスパチョ、野菜の生ハム巻きピンチョス添え
・バカラオのフォッカチャ マンチェゴチーズのせ
・イベリコ豚と和牛ロースのチェラスコ(陶板焼き)
・サングリア

■稲垣・草なぎペアのメニューは
・魚介たっぷりのオジャ アイスガスパチョ、ドライサフランライス添え
・パン・コン・フルーツ&オリーブオイル飴
・クレマカタラナ

相変わらず豪華ですねえ。食材も最高級です。

奇しくも、木村くんが「スペインといえば、ぼくはサッカー、
レアル・マドリード。あっちはバルサできたか・・」
って言っていましたが、まさに、お料理も、
木村・香取ペアは、肉がメインの内陸部系で
稲垣・草なぎペアは、魚介がメインのカタルーニャ系でした。

ガスパチョでいうと、木村・香取ペアは、伝統的。
トマト、キュウリ、パプリカ、レタス、オリーブ油、
酢、タバスコをミキサーに入れていましたが、
これは、半日ほど寝かせてあったように見受けられました。
レストランテ・ミヤカワのレシピもそうでしたから、本格的です。

一方、稲垣・草なぎペアは、革新的。
ガスパチョをスポイトに入れて、ドライアイスの上に
ポタポタと落とし、アイスの粒に仕上げていました。
エルブジのフェランなどが好んでやりそうな手法です。
食べ方にしても、温かいオジャの中に、凍ったガスパチョを
入れるなんて、普通考えませんからねえ。
ドライサフランライスは、試験管みたいな器に入れていたし、
オリーブオイルの飴なんかも、かなり新しい試みだろうし。

いろんなお料理が出てきた中で、
わたしがやってみたいと思ったのは、バカラオのフォッカチャですね。
牛乳で煮たバカラオ(塩たら)をフードプロセッサで
クリーム状にして、パンに塗ったもの。
そういえば、スペインではよく見かけました、このバカラオの類。

あとは、生ハムで野菜を巻いてピンチョスにしたもの。
生ハムだけで食べることが多いけれど、これもいいですね。

それから、ガスパチョのアイス粒!
ドライアイスにしずくを落とすだけで、丸くなるんでしょうか。
なんか理科の実験みたいだけれど、興味があります。

それにしても、番組上でのシェフとはいえ、みんな上手ですね。
フードコーディネーターなどのプロがついているんでしょうが
料理の知識も技術も勘も大したもんです。
男の人が当たり前のように料理すること、
台所に立つことがかっこいいと思わせてくれたこと等
彼らの功績は大きいですよ。パチパチパチ(拍手)

で、どっちに軍配があがったのかというと、木村・香取ペアのほう。
ガスパチョが決め手だったようです。
わたしだったら、どっちかなあ。
新しいスペイン料理に挑戦した稲垣・草なぎペアのほうかな?
オジャも力作だったし、うちはバルサファンなんで・・・(^^;)

※写真は、バルセロナで食べたオジャです。おいしかった〜!また食べたい!
b0010007_2233064.jpg

[PR]
by kimamaspain | 2005-09-01 22:05 | テレビ番組