愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

やっぱりパエリャなんだなあ。

日曜日の午後、フジテレビで
「めざましSP!〜ゆずの満喫スペイン太陽の旅へ〜」
(10月23日 13:35〜14:30)という特番がありました。
「めざましどようび」のテーマ曲作りのため
ゆずはこの夏、スペインにまで行ってたんですね。
番組では、海岸で歌ったり、移動中に曲づくりに励んでいたり
枯れたひまわり畑や朝陽をながめていたりしたんだけれど
例によって、お料理関連シーンのみピックアップです。

「スペインは、闘牛、フラメンコだけじゃない!」
番組冒頭で、ありきたりなスペイン紹介ではないことを
強調していましたが、食べ物に関しては、
お決まりのタパスとパエリャでしたねえ。
やっぱり定番は、おさえておかなくちゃ?

まずはマドリード。
はずせないスポットとして、
穴場バルがいくつか紹介されました。

カタクチイワシのマリネをポテトチップスに
のせて食べるという「ボデーガス・リクラ」。
トルティージャを強火でがあ〜っと作っているところを
見せてくれた「エル・メソン・デ・ラ・トルティージャ」。
ハモンイベリコが自慢の「セルベセリア・セルバンテス」。

そして、マッシュルームの鉄板焼きが専門の
「メソン・デル・シャンピニョン」。
出来たてのアツアツを一口でほおばって、
ふがふがとあわてる岩沢くんが、面白かったですね。

そのお店で「スペインで一番太陽が感じられる場所」を尋ねます。
「アンダルシアだよ。気温45度!」
それを聞いて、2人の口からついて出てきたのは
♪アンダルシアに憧れて〜〜
おお〜、マッチですか? そうきましたか。
まんまではありますが、ずっこけました。(^^;)

それから、アンダルシアの海岸沿いの町、ロタへ。
ここでは、フラメンコ歌手のミゲールさんのお宅で
パエリャをごちそうになるんですが、出かけた魚市場で、
食材を買い込む、買い込む。キロ単位です。

買い物しながら、ミゲールさんは
「パエリャには『彼女だけ』という意味もあるんだよ」
とトリビアを披露していました。ゆずは「へえ〜」。
わたしも「へえ〜」&「だからなんなの?」(笑)

そしてミゲールさんちの台所で、10人分の豪快なパエリャ作りです。
ガス台全体を鍋が占領していたので、台についているコンロを
全部使い、鍋をずらしながら火加減を調整したのかもしれません。
出来上がったパエリャは、
魚介のだしがたっぷり染みこんだリゾット風でした。
そう、必ずしもお焦げつきのパリパリに仕上げなくてもいいんですよね。
多少どろっとしていても、お米がやわやわでも、
それはそれでアリなんです。

ゆずの2人も「うわ〜、うまい」「オジヤ風です」
「うんうん、日本人に合う」「ぜんぜんいける」
と大絶賛でした。リゾット風もよさそうですね。

それにしても、食べてるときの北川くんて、
めちゃめちゃチャーミングでしたねえ。
グルメシーンにはうってつけのリアクションでした。
そのうち「くいしん坊!万才」からオフォーがあるかも?
 (↑ナイナイ)(^^;)




■ミゲールさんちで作っていたロタ風パエリャの材料と作り方

「ロタ風パエリャ」(10人分)

・オリーブオイル 1カップ
・玉ねぎ     3個
・トマト     4個
・ピーマン    5個
・にんにく    1/2個
・塩       適量

1)まず、オリーブオイルを鍋に入れ、刻んだ野菜類を炒めて味付ける。

・ヤリイカ     1キロ
・モンゴウイカ   1キロ
・エビ       1.5キロ
・あさり(むき身) 500グラム
・あさりのだし汁  3リットル
・グリンピース   250グラム

2)その中に魚介類をどどっと入れて炒め、あさりのだし汁を入れる。

・サフラン   適量
・米      1キロ

3)サフランで色をつけたら、米を入れて強火で10分。

・有頭車エビ  500グラム
・レモン    適宜

4)最後に有頭エビを入れて炊きあげ、レモンを添えて出来上がり。
[PR]
by kimamaspain | 2005-10-25 01:01 | テレビ番組