愛と愉しみのスペイン料理

spain.exblog.jp

スペイン料理関連のレポートを少しずつ。

ブログトップ

日本橋「レストラン サン・パウ」(5)

b0010007_13343711.jpg

最後に頼んだコーヒーですが、ミルクは付いてきませんでした。そのかわり(?)砂糖が選べました。黒砂糖、きび砂糖、砂糖大根で作った砂糖の3種類だったと思いますが、甘みというか、味覚へのこだわりを感じましたね。

こうしてすべてのお料理が終わり、時計を見ると1時間半が経過していました。平日のみのこのランチは、時間も量も約半分。軽めに設定されてるだけあって満腹感というものがありません。

逆に、もっと食べたい、という気持ちになりました。(それが狙い?)(^^;)胃が刺激されて、食欲が増したとでもいうのでしょうか。お料理自体はそれぞれ工夫されていて、小さな驚きや感動があったのですが、いかんせん、ドカーンとくるものがなく・・・。(って、わがままですかねえ)

お会計は、お飲物代やサービス料などをひっくるめてひとり11000円也。緊張感を伴いながらも、ある時はセレブな気分でまたある時は、びっくり箱をあけるようなわくわくした気分で楽しめたので、今回は妥当な価格でしょうか。ちなみに、ランチにはイラスト入りメニューはありませんでした。

ああ、いつか21,000円のデグスタシオンメニューとやらを体験してみたいなあ。いや、その前に、併設のバーでハモンイベリコをつまみながら、カバっていうのもいいかなあ。

ありゃりゃ、あーだこーだと言いながらも、ランチでは飽きたらず、また行く気でいるよ、・・・これぞ「サン・パウ」マジックか? あなおそろしや。(^^;)

ながーくながーく「サン・パウ」でひっぱりましたが、これにて終了です。「サン・パウ」さん、失礼しました。(ふう〜、やっと終わったぜい!)(^^;)

>>日本橋「レストラン サン・パウ」ランチ(1)に戻る


【関連リンク】

おすすめスペイン料理レストラン&バル

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by kimamaspain | 2004-08-17 13:39 | レストラン